ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

「ロールスロイスってどんな体位なんだろう?女性にはウケが良い体位なのかどうか知りたい!」

 

大人気AV男優・しみけんさんが発案したとされている体位『ロールスロイス』。

AV動画でもたまに観ることあるけど、ぶっちゃけ気持ちいいのかと気になる人も多いのではないでしょうか。

 

  • ロールスロイスってどんな体位なのか?
  • ロールスロイスって女の子的にはどうなのか?
  • ロールスロイスの正しいやり方を知りたい!

 

など、上手なセックステクニックを身につけて女性をガンガン虜にさせたいですよね。

そういうわけで今回の記事は、ロールスロイスとはどんな体位なのか?という疑問に詳しく回答していきます。

 

さらに、女性がリピートしたくなるロールスロイスのやり方も伝授していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

ロールスロイスとはどんな体位?発案の経緯を知ればセックスもうまくなる!

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:YouTube(ロールスロイス体位)

 

ロールスロイスの由来は?AV男優のしみけんが考案した体位!

 

冒頭でもお伝えしましたが、ロールスロイスとはAV男優『しみけんさん』が発案したとされる、セックス中の体位です。

ポーズが「外国高級車のロールスロイスのエンブレム」が似ていることから、この名前が付きました。

 

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:Instagram

 

しみけんさん始めトップ男優が集結した「ちんぽサミット」において、大多数が最も気持ちいい体位にロールスロイスを推したんだとか。

ちなみに、ロールスロイスと命名したのもしみけんさんですが、その理由は「メディアのため」だそうです。

 

「うすうすみんな分かってると思うけど、俺も分かってたし。テレビに出る時に、テレビって”キャッチーな言葉”が欲しいから、じゃあ何かなって思ったから『ロールスロイス』って名前にした。何の番組だったけなあ、覚えてないや…。

※引用:YouTube(ロールスロイスという体位とは)

 

また、ロールスロイスという体位が一般的に知られるようになったのは2015年ごろ。

上記のように、テレビ番組でしみけんさんが男性芸人さんを相手に実演されたことがキッカケに、SNSなどを中心に話題を集めました。

 

そんな発案者であり、レジェンドAV男優・しみけんさんについて以下に簡単にまとめておきます。

 

【しみけん(本名・清水健)】

  • 1979年1月9日生まれ
  • AV男優歴:22年
  • 既婚者(配偶者はブロガーのはあちゅう氏)
  • 年間約500本の作品に出演、経験人数はおよそ約1万人と推定

 

ロールスロイスのメリットは?Gスポットとポルチオの両方を刺激できる

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:ポルチオとは?(池袋ハート)

 

ロールスロイスという体位はその名前に恥じないほど、セックス中の快感は圧倒的な男性人気があります。

というのも、大胆な体勢という見た目からの興奮だけでなく、ペニスの挿入角度が変わることで「女性も快感がアップするから」なんです。

 

具体的には、一般的なバックだと「女性によっては子宮に当たって痛い」というケースがあります。

そこで、女性の上半身を反らすように上げることで『Gスポット経由のポルチオまでの軌道』で刺激することができるのがロールスロイスの魅力。

 

また、女性にとっても新鮮な体位と感じる人が多いはずです。

だからこそ、ロールスロイスをマスターすれば、リピートされるような関係になったり、マンネリ化を防げるなど「メリットだらけ」の性生活を送れるでしょう!

 

ロールスロイスのデメリットは?女性から「AVかよ」と引かれないために

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ロールスロイスという体位自体は、コツを押さえて行えばとても気持ちのいいものですし、デメリットというのは「そこまで無い」かもしれません。

ですが、気をつけるべきはそこではないのです。

 

どういうことかと言うと、その女性との最初のエッチで『自分がやりたいコトや体位を全部しようする』と、その子に嫌われしまうかもしれないということ。

多くの場合セックスというのは、最初の3度くらいはお互いの体の擦り合わせみたいなものなんです。

 

まずはソフトに、優しく、お互いの良いところを探り合うセックスで十分。

そこから回数を重ねてリラックスしてきたら、徐々にお互いの「したいコト」を求めて合うようにしていきます。

 

にも関わらず、男性がガッツいてしまいいきなりロールスロイスを挑戦しようとするのはおすすめしません。

女性によっては「AVかよ」と引かれてしまいます。

 

もちろん、すでに何回も体を重ねている相手ならOKです。

でも、それ以外の女性との最初のエッチに『テクニックを見せつけよう』と勘違いして、トライしないように気をつけてくださいね。

 

ロールスロイスという体位に対する女性の反応とは?ぶっちゃけ気持ちいいの?

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ここからは、ロールスロイスという体位に対する「ネット上の女性の反応」をご紹介していきます。

派手な体位だけに、セックス中の女性の本音が気になってしまいますよね。

 

TwitterやYouTubeなどのSNSを中心にリアルな声を集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ロールスロイスという体位に対する女性の本音①:「ごめんなさい、ぶっちゃけ…」

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:YouTube(しみけん絶賛体位ロールスロイスへの女性の本音)

 

こちらは「ミキ姉さん」という性教育系の動画チャンネルを運営しているユーチューバーの方。

ミキ姉さんは、「私は身体か柔らかくないので腰が反らない。気持ちいいより先に腰が痛くなる。」と苦笑いで話していました。

 

また「私個人的には普通のバックの方が気持ちいい」のだとか。

とはいえ、気持ち良さそのものは否定しておらず、『女の子の身体の柔軟性』を配慮してあげる必要があるというコトを伝えたいみたいです。

 

たしかに、女性は男性よりも身体が柔らかいというイメージから、意外に平気そうに感じている男性も多いかもしれません。

実際にロールスロイスを楽しむ際は、相手の体との相性をチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

ロールスロイスという体位に対する女性の本音②:「撮影じゃなくて、プライベートでも」

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:【深田えいみ】男性必見!女性を虜にさせる『ロールスロイス』のやり方!

 

こちらは、大人気AV女優の「深田えいみさん」、元AV女優の「高橋しょう子さん」のYouTube動画。

経験豊富な女性2人によるロールスロイスへの貴重なぶっちゃけ動画ですが、お二人とも『ロールスロイスは全然あり』とおすすめしていました。

 

動画内の実演はぎこちないものの、プロのAV男優さんにやってもらうのは気持ちよかったとか。

最終的には『気持ちいい、撮影だけじゃなくてプライベートでもやりたい!』と本音をこぼしていて、その発言に深田さんも共感してるような笑顔を見せていました。

 

ただ、同時に「男性がやり方を間違えると腰痛めるよね」と苦言を呈しているシーンもあり。

やはり、アブノーマルな体位だからこそ『やるなら正しいやり方を覚えること』が絶対条件と言えるかもしれません。

 

ロールスロイスという体位に対する女性の本音③:「最高に気持ちいいです」

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:YouTube(この体位が気持ち良すぎる…!!【唯井まひろ】)

 

こちらも女性YouTuberの方が好きな体位について紹介されている動画で、1位がロールスロイスでした。

『(腕を)引かれる力と男性の押し込まれる感じがパンパンパンってなって、凄い奥まで当たるので、最高の気持ちいいです』と絶賛。

 

はじめに、バックで攻めてもらって気持ち良さを感じてからロールスロイスをされると嬉しいようです。

やはり、いきなりロールスロイスの体勢に移るよりは、まずはバックでしっかり快感を与えることで満足度が高まるのかもしれません。

 

なお、バックの極意については後述していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ロールスロイスという体位に対する女性の本音④:Twitterでの反応は?

 

また、Twitterでもいくつかロールスロイスという体位に対するつぶやきを見つけたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:Twitter(ロールスロイスという体位)

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:Twitter(ロールスロイスという体位)

 

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:Twitter(ロールスロイスという体位)

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:Twitter(ロールスロイスという体位)

 

このようにTwitter上では、「気持ち良かった」という声が目立つ中、「割と微妙」というつぶやきもありました。

もちろん、全ての女性にとって気持ちがいい体位というわけではないでしょう。

 

女性器というのは下付きや上付きなど人それぞれ形が違うように、相手の身体のことをよく知る必要がありそうです。

それでも、きちんと正しいやり方でロールスロイスをマスターすれば、満足させる確率はかなり高そうですね。

 

ロールスロイスの体位の正しいやり方!女性がイキやすくなるコツとは?

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ここからは、体位ロールスロイスの正しいやり方をご紹介していきます。

プロセスはすごくシンプルで、以下の順番で覚えてください。

 

  1. 女性が四つん這いになった状態でバックで挿入
  2. 男性の両足で女性の足を挟むように密着する
  3. 女性の上半身を起こす

 

重要なことなので繰り返しお伝えしますが、間違ったやり方ではロールスロイスで女性に快感を与えるどころか、ストレスを感じさせてしまいます。

だからこそ、正しい手順を身につけることが大事なんです。

 

ということで、それぞれのポイントを詳しくみていきましょう!

 

①:女性が四つん這いになった状態でバックで挿入

 

ロールスロイスという体位はバック(後背位)の変形位です。

そのため、まずは「バックで挿入した状態」からスタートさせるのが基本の姿勢になります。

 

グッとペニスを挿入したら、すぐに動かさずに5〜10秒待って、膣壁がペニスの形に馴染むようにしましょう。

それだけでお互いに快感が増していくんです。

 

また、女性の腰を掴んでピストンする人が多いですが、これでは力が逃げてしまうため、気持ち良さが半顔してリピートもしてくれません。

なので、無駄な力が逃げないように手は女性の肩、気持ち手前に引くつもりで添えるのがポイント。

 

バックで挿入したらすぐにロールスロイスに移ってもいいのですが、出来ればまずはバックのまま女性にしっかりと快感を与えていきましょう!

 

②:男性の両足で女性を挟むように密着する

 

次に、女性を上体をグーっと持ち上げていく前に、正座させるようにして、自分の両足で挟んでください。

自分の両足で女性を挟むようにすると密着度が上がるので、気持ちよさがアップします。

 

そのまま女性の腰をグッと中に入れるように反らすことで、挿入角度が付くようになるんです。

その姿勢で腰を振ると、無駄な力も入らないので「股間に集中できるようなり快感が増す」ということ。

 

ちなみに、その状態から女性に肘を着いてもらった姿勢で腰を振るのも気持ちがいいのでおすすめ!

 

③:女性の上半身を起こす

 

①と②で後背位から正しく攻められるようになったら、次に女性の上半身を起こしていきます。

密着したままグーっと上体を起こしていくだけでいいのですが、女性の肘よりちょっと上の部分を持つようにしましょう。

 

というのも、ロールスロイスのエンブレムのイメージが先行して、手首を引っ張ってピーンと伸ばす体勢になる方が多いですが、前に重心がかかってしまうんです。

それだと下から突く時の力が逃げたり、挿入角度が変わってしまって気持ちよさが半減してしまいます。

 

むしろ、女性によってはキツい体勢だったりするので注意してください。

AVなどでは女性の上体をかなり前へ傾いているケースもありますが、それは視覚的に興奮させるためのパフォーマンスみたいなものです。

 

この流れでロールスロイスをぜひマスターしていただき、女性を虜にさせていきましょう!

 

四つん這いからは難しい?正座からロールスロイスをするコツ!

 

場合によっては、男女との身長差があったり、膣が下付きでバックがやりづらいということもあるでしょう。

その場合は、後背位からではなく正座からロールスロイスに移る方法をご紹介していきます。

 

【正座からロールスロイスを行う方法】

①:女性が正座をした状態でお尻を少し上げる

②:男性が女性の太ももの外側に両方の膝を置く

③:後ろ側から挿入して女性の上半身を起こす

 

なお、先ほどお伝えした通り、膣にペニスを挿入した後はしばらく動かさず、膣をペニスに馴染ませましょう。

この時にバックの感覚でピストンをすると痛みを感じる恐れがあるので、いきなり激しく動かすのは注意してください。

 

下から突き上げるのではなく、重力で落ちてくる女性のお尻をグッ、グッ、と押し返すイメージで動くのがポイントになります。

 

ロールスロイスという体位の注意点!上手いと思わせるコツとは?

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ここからは、ロールスロイスをする際の注意点や気持ち良さが増すポイントをご紹介していきます。

結論から言うと、以下のポイントをおさえてください。

 

  • 仙骨を軽く固定すると感度が100倍に上がる
  • 女性の上半身が前に倒れないようにする
  • 両手で乳首を攻めたり、密着して舐めながらクリトリスを攻める

 

という事で、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

とくに後背位は仙骨を押さえると感度が100倍に上がる

 

レジェンドAV男優・しみけんさんによると『セックスは、すべて仙骨を持つと感度が100倍になる』と言われています。

なお、仙骨の位置は以下の画像を参考にしてください。

 

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ロールスロイスにせよ、普通のバックにせよ、腰を掴んでピストンするのではなく片手で仙骨をグッと押さえ、もう片手は女性の肩に添える。

こうすることで力が逃げることなく刺激することができるというわけです。

 

少しの工夫で女性の感度が何倍にも高まるので、ぜひ覚えておくのをおすすめいたします!

 

女性の上半身が前に倒れないように強めに支える

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

※引用:YouTube(ロールスロイスという体位)

 

ロールスロイスのポイント2つ目は、女性の上半身が前に倒れすぎないようすること。

先ほどもご紹介した、深田えいみさんと高橋しょう子さんについて談義した動画ですが、上記の画像のように女性に体重がかからないようしましょう。

 

二の腕あたりを優しく掴み、グイッと上体を起こすようにすることで体勢が安定します。

また、ロールスロイスという名前から、画像のように「つい女性の腕がピーンと伸ばしがち」ですが、伸ばす必要は決してありません。

 

無駄な力が体に入ってしまうので、上体を起こさせたら「肘から先」は力を抜いてもらってOK。

そうすることで力みが抜けて、突かれている気持ちよさに集中することができるため、満足度もアップします!

 

慣れてきたら両手で乳首とクリトリスの両方を攻める

 

ロールスロイスの体位に慣れてきたら、以下の応用技を使って気持ちよくさせてあげてください。

 

  • 両手を女性の腕ではなく、乳首を触って攻める
  • さらに密着して背筋・肩・首を舐めながら、片手でクリトリスを同時に攻める

 

これらの変化を付けることよって、刺激に緩急をつけることができます。

挿入中に乳首やクリトリスをいじって欲しいという女性は多いので、ロールスロイスという体位をマスターすれば間違いなく喜んでもらえるでしょう!

 

ロールスロイスを極める秘訣とは?後背位(バック)が上手になることが大事!

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

繰り返しお伝えしますが、ロールスロイスというのは「バック(後背位)」の変化系です。

つまり、ロールスロイスで女性をガンガン絶頂に導いてリピートされる男になりたいのなら、土台となるバックのコツを掴むことが大事になります。

 

むしろ、基礎の体位が下手くそなのに応用の体位で気持ち良くさせるほうが難しいですよね。

そこで、本記事ではすでに何度かバックのコツをお伝えしていますが、あらためて以下のポイントを覚えておきましょう。

 

【リピートされるバックのコツ】

  • 両手は腰ではなく、『肩』を優しく支えるべし!

→両手で腰を持つと力が逃げてしまう、激しい出し入れは早漏の原因になる

  • 女の子の上半身を上げることによって『挿入角度』を付けるべし!

→地面と平行の姿勢だと、相手によってはただ子宮に当たって痛いだけ

  • さらに片手を使って『仙骨』を少し固定すると感度100倍!

 

この基本のバックの攻め方を覚えてもらった上で、そのまま女性の上体を起こすと自然とロールスロイスの体位になるというわけです。

そこからは、乳首を攻めてもいいし、密着して背中辺りを舐めながら、クリトリスを刺激する。

 

逆に言えば、バックで上手に感じさせることできないのに、ロールスロイスをやっても女性の気持ちは盛り上がりにくいんです。

なので、ぜひ正しいロールスロイスのやり方だけでなく、バックのやり方もマスターしてみてください!

 

ロールスロイスで女性を満足させるために筋力や持続力を鍛えるのもおすすめ!

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

ロールスロイスに限らず、普段やらない体位でセックスするということはいつも以上に筋肉を使います。

腰や足にある程度の筋力がないと、イク前に疲れてしまったり、ピストンの気持ちよさに集中できないという事態になってしまうでしょう。

 

さらに、後背位(バック)と違って挿入角度がつき、女性の刺激が高まるということは、その分男性も気持ち良くなるわけです。

早漏の方だとすぐにイってしまい、女性も「せっかく良かったのに…」と満足できずに終わるかもしれません。

 

そのため持続力を高めたり、早漏改善などに取り組んでおくのをおすすめいたします。

また、『ペニス増大サプリ』を飲んでペニスを大きくすることができれば、ロールスロイスの何倍も楽しむことができるでしょう。

 

持続力アップにも繋がりますので、興味のある方はぜひ検討してみてください!

 

まとめ

ロールスロイスってどんな体位?女性の本音や正しいやり方をご紹介!

 

レジェンドAV男優・しみけんさんが命名した「ロールスロイス」という体位は、後背位から挿入角度を付けることで『Gスポットとポルチオ』を刺激できる体位です。

キャッチーな名前に恥じないほど、ネット上に女性のロールスロイスに対する反応は良いものでした。

 

  • 上手い人がやると本当に気持ちよかった
  • あり得ないほど刺激が強かった
  • (気持ち良すぎて)頭のネジが吹っ飛んだ…

 

など、ウケはかなり良さそうですが、一方で「体が固いから腰が疲れる」や「普通にバックされる方がいい」という声もありました。

やはり喜ばれるポイントは、『正しいやり方』を身につけることにあるようです。

 

なので、ロールスロイスの正しいやり方をきちんと身につけてください。

  1. 女性が四つん這いになった状態でバックで挿入
  2. 男性の両足で女性の足を挟むように密着する
  3. 女性の上半身を起こす

 

やり方はシンプルなのですが、持つ手の位置や足の開き方など、細かなポイントをきちんと押さえることで感度が何倍にも増していきます。

 

ただ、ロールスロイスは気持ちいいという女性は多いですが、最初のエッチの場面でいきなりやろうとすると引かれる可能性があるのでご注意を。

すでに何回かエッチしている相手や、相手の好みや相性を探ってから楽しむようにしてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次