ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

「ペニスが大きくなる『増大ツボ』があるって本当?ツボ押しでサイズがアップする理由も知りたい!」

 

ツボ押しというと“肩こりや腰痛に効く”イメージが一般的ですが、実は『ペニス増大に効くツボ』があるんです。

お金をかけずにサイズアップできるなら、ぜひ取り入れてみたいという人も多いでしょう。

 

  • ツボ押しでペニス増大に効くって本当?
  • 実際に身体のどの辺に存在しているんだろうか?
  • 効果的なツボの押し方とはどんなやり方なのか?

 

など、ツボについて理解を深めてペニス増大に役立てたいですよね。

そういうわけで今回の記事は、ペニス増大に効くおすすめのツボを詳しくご紹介していきます。

 

さらに、ツボ押しでペニスが大きくなるメカニズムについてもわかりやすくご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

そもそもツボとは何?由来や原理をわかりやすくご紹介!

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

ツボの由来をわかりやすく解説!

 

ツボというのは実体があるわけではありませんが、その存在はきちんとあります。

誰でも、痛いところをさすったり抑えたりしたら楽になった経験があると思いますが、昔の人たちも本能的にそうしていたのでしょう。

 

ある場所を刺激すると痛みが治るなど、さまざまな効果があることに気づいたんです。

その経験の蓄積によって、効果のある位置や扱い方が学問的に確立されていったのが「ツボ」です。

 

その効果はすでに世界的に認められていて、現在ではなんと361ものツボがWHO(世界保健機構)によって定められています。

※参考:“ビックデータ”をもとに「ツボ」を確定? WHOも認めた361ポイント

 

なぜツボを刺激することであらゆる効果が出るのか?

 

ツボを刺激することでなぜ効果があるのか、ということについては様々な考え方があります。

一般的には、ツボを刺激することで生きるのに必要なエネルギーの「気」や、全身に栄養を与える「血」、全身を潤す「津液」を調整します。

 

その結果、心身の不調を改善していくというわけです。

また、ツボの多くは全身を縦横に走っている経絡(けいらく)に存在していて、経絡を通して各臓器や身体の各部分とつながっています。

 

そのため、足裏のツボから頭へと、離れた場所であってもさまざまな効果をもたらします。

(なお、ここで言う臓器とは西洋医学的な臓器とは異なります。)

 

実際に、ツボや経絡に基づく東洋医学の治療方法によって、痛みの症状が緩和されることは実証されています。

さらに近年では、ツボは神経や血管に豊富に存在し、刺激することで身体に様々な効果をもたらすことが考えられているんです。

 

ペニスの増大ツボとは?ツボ押しでペニスが大きくなる理由を解説

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

ここからは、ペニスの増大ツボについてご紹介していきます。

ツボを刺激すると、一体どういう仕組みでペニスが大きくなるかどうか知りたい人も多いはず。

 

そこで結論から言うと、以下の3つの作用によって「体質改善」を図ることで、増大効果が期待できるんです。

 

  • 血流量の増加
  • 男性ホルモンの分泌促進
  • 成長ホルモンの分泌促進

 

という事で、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

血流の改善でペニスに流れ込む血流量がアップする!

 

ツボを刺激することによって血の巡りが良くなることは研究でも明らかになっています。

そしてペニスと血液量の関係について理解を深めるために、以下のペニスの断面図をご覧ください。

 

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:吉田修ら「ベッドサイド泌尿器科学」

 

赤い丸で囲まれている部分が「海綿体という血管の束」で出来ていて、この血管に流れ込む『血流量』によってペニスの大きさが決まります。

つまり、血流改善によってペニスに流れ込む血液量が増えること増大効果が期待できるということ。

 

ただし、ペニスの長さが10cmの人が20cmになるということはありません。

 

背の高さが人によって異なるように、ペニスのベースとなるサイズも人によって異なります。

それでも、増大ツボの刺激でペニスへの血流を限界まで増やせば、自分自身のポテンシャルを最大に引き出したサイズまで大きくすることができるんです。

 

男性ホルモンの分泌でペニスが勃起しやすくなる!

 

また、ツボ刺激によって睾丸の働きを促進させることで、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。

そして男性ホルモンの分泌もペニス増大には必要なのです。

 

そもそも、血流改善で血の巡りを良くしたからといって、ペニスに血流が勝手にドバドバ流れるわけではありません。

血管を拡げた上で、勃起させることが大事なんです。

 

まず目から入った情報(=魅力的な女性)により、テストステロンが産生されます。

テストステロンが産生されることで、脳内物質の「ドーパミン」の分泌が始まります。

そして興奮作用のある「ドーパミン」が男性の陰茎海綿体に「勃起せよ」と司令を出すことにより、ペニスに血液が集まり勃起するのです。

つまり、男性が性行為に積極的になるために、テストステロンの分泌が欠かせないのです。

※引用:精力とテストステロンの関係(アトムクリニック)

 

このように、ツボ押しで血流改善を行いつつ、男性ホルモンを正常に生成できるように身体を整えておくことがポイントになります。

 

成長ホルモンによって男性機能が正常に保たれる!

 

ツボを刺激すること成長ホルモンの分泌を促進する効果があるんです。

なお、成長ホルモンとは「体の物質をエネルギーとして使える物質に変える働きを持つホルモン」のこと。

 

成長ホルモンの役割は、単に「体を大きくする」ことではなく、あらゆる内臓機能を正常化し、代謝機能を維持します。

むしろ本来の役割は、内臓機能・代謝機能を正常化すること。

 

つまり、ツボ押しで成長ホルモン分泌が促されることで、生殖器の機能を正常化し、男性ホルモンの分泌も促すので、精力を増強してくれるんです。

なお、この精力増強効果は臨床実験で証明されています。

 

ミルウォーキー州ウィスコンシン医科大学で行われた320人の高齢者を対象としたHGHの臨床試験では、男性の76%で性的能力と性交の頻度が増し、62%で勃起持続時間が延長したという。

引用:奇跡の若返りホルモンHGH(成長ホルモン)

 

「ペニスの血流改善に効く増大ツボ」はどのようなものがある?

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

ここからは、実際にペニス増大に効果のあるツボをご紹介していきます。

結論から言うと、血流改善に効くおすすめのツボは以下です。

 

  • 血海(けっかい)
  • 太衝(たいこう)
  • 次髎(じりょう)
  • 商陽(しょうよう)
  • 合谷(ごうこく)

 

なお、ツボの大きさは大きいものでも米粒大くらいです。

見つけるにはまず、大体の見当をつけてその辺りを押してみて、イタ気持ちいいと感じるポイントを探ってみてください。

 

血海(けっかい)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

ペニスの血流改善に効く増大ツボ1つ目は、血海(けっかい)です。

血海の位置は、膝の内側から太ももに向かって指3本分のところを押して、痛みを感じる部分になります。

 

足を伸ばした時にできるくぼみの上端にあります。

血海は両足にあるので、左右同時に膝を包むようにして親指で押していきましょう。

 

血の滞りを解消し、血行を促進させることから月経不順や月経痛などの症状にも非常に効果的です。

※引用:血海(今月のツボ通信)

 

太衝(たいしょう)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

ペニスの血流改善に効く増大ツボ2つ目は、太衝(たいしょう)。

太衝の位置は、足の親指と人差し指の骨の間を甲に向かって探っていき、親指と人差し指が交わる、少し盛り上がった部分です。

 

触れると脈を感じるはずなので、手の人差し指でこねるように回しながら押してみましょう。

 

太衝を刺激することで足の血流が促進され、冷えを解消する効果があります。

※引用:鍼灸師が解説!血行促進の効果があるツボ9選

 

次髎(じりょう)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

ペニスの血流改善に効く増大ツボ、3つ目は『次髎(じりょう)』。

下半身全体の血流の勢いを上げてくれる効果があり、女性の生理痛や腰痛などにも効く万能なツボです。

 

次髎は、腰回りの血流を良くして冷えを改善する効果があります。

腰回りの血流が良くなると、女性特有の問題に対しては非常に良い効果をもたらします。そのため、子宮内膜症の改善にも効果が期待できるのです。

※引用:銀座そうぜん鍼灸院

 

場所はお尻の少し上にある仙骨から、2番目の窪みにあるツボとなります。

下半身の血流を促進してくれるということは、ペニスの血流改善に伴い、増大効果にも期待ができる証拠です。

 

商陽(しょうよう)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

ペニス(とくに亀頭)の増大効果をもたらすのが、『商陽』と呼ばれる増大ツボです。

場所は人差し指の、親指側の爪から約3ミリ程度横の位置にあります。

 

古くから「精力がみなぎるツボ」と言われており、ペニスの血流改善や亀頭の増大と硬さに影響してくれると言われています。

 

合谷(ごうこく)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

ペニスの血流改善に効く増大ツボ5つ目が、『合谷』。

こちらは全体的な血流の勢いをアップさせるツボで、場所は「人差し指と親指の骨が交差したくぼみのあたり、人差し指側の骨の内側」にあります。

 

ちなみに、商陽とは「経絡」と呼ばれる線で繋がっているため、同時に押すことでより効果を得られます。

合谷で血流を改善し、商陽で亀頭部分を集中的に膨張させて硬くすると、勃起力アップやペニス増大にも大きな作用を期待できるでしょう!

 

合谷を刺激することで、血行促進作用により眼精疲労や肩こりなどさまざまな症状を改善する効果があります。

※引用:鍼灸師が解説!血行促進の効果があるツボ9選

 

「男性ホルモンを分泌するペニス増大ツボ」にはどのようなものがある?

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

続いて、勃起を誘発する男性ホルモンの分泌を促す作用のある増大ツボをご紹介していきます。

結論から言うと、以下のツボがおすすめです。

 

  • 大赫(だいかく)
  • 横骨(おうこつ)
  • 三陰交(さんいんこう)
  • 湧泉(ゆうせん)

 

なお、ツボ刺激は押した直後に痛くなったり、押したところが朝になったりしたらやり過ぎです。

自分で「このくらいがちょうどいい」と感じる加減を探るのも大切。

 

ということで、それぞれのツボについて詳しくみていきましょう!

 

大赫(だいかく)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:Twitter(ペニスに効く増大ツボ)

 

男性ホルモンの分泌を促すペニス増大ツボ、1つ目は『大赫(だいかく)』と言うツボです。

主に男性ホルモンの分泌を促進させてくれるツボで、睾丸が活性化するとも言われ、精力増強にも期待が持てます。

 

大赫は精力増強のツボとして有名で、特に男性が夜の生活に支障をきたしている場合に効果的です。

大赫を刺激することで男性ホルモンを促進させ、弱まっていた精巣機能を回復してくれます。

そのため女性の場合には不妊や不感症にも効果があると言われています。

※引用:ツボ辞典

 

場所は、おへそから指4本分程下の、そこから指2本分ほど左右に離れた場所。

東洋医学においては、下半身への帰結が集中しているツボとまでいわれており、男性が精力を維持するために不可欠なツボとなっています。

 

横骨(おうこつ)

ペニスに効く増大ツボとは?勃起力アップにも効果ありって本当?

※引用:Twitter(ペニスに効く増大ツボ)

 

男性ホルモンの分泌を促すペニス増大ツボ、2つ目は『横骨(おうこつ)』。

こちらは勃起力の向上に効果的なツボと言われ、場所は先程の『大赫』から指一本分下にあります。

 

膀胱に関する病気や前立腺の働きを改善してくれる効果があるとされ、加齢に伴い減少する男性ホルモンの分泌を促進してくれます。

 

横骨(おうこつ)

膀胱や前立腺の症状に有効な経穴(ツボ)で男性ホルモンの分泌を促す。

※引用:鍼灸室サニーデイ

 

決して強く押すことなく、マッサージするような要領で刺激することをオススメします。

場所も局部に近くなりますから、いきなりグッと刺激するのではなく、ゆっくり慣らしていく感覚を忘れずに。

 

三陰交(さんいんこう)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

男性ホルモンの分泌を促すペニス増大ツボ、3つ目は『三陰交(さんいんこう)』です。

こちらは男性の悩みに幅広い効果をもたらしてくれるツボで、精液の量を増やすとも言われており、男性には嬉しい効果ばかり。

 

場所は、足首のくるぶしにある骨の出っぱりから、指3、4本分程度上に上がったところです。

もともとは、不妊改善として婦人科の要穴とよばれる重要なツボとしても知られています。

 

三陰交を刺激することで、ホルモンバランスと自律神経のバランスを整えることが出来きて、婦人科疾患の症状や不定愁訴を改善することが出来ます。

※引用:鍼灸ヘルスケ プラステン治療院

 

同時に、男性の性器機能のアップや、身体全身の血流の流れを良くする効果も認められる有名なツボです。

刺激するとかなりの痛みを感じる方もいるので、気持ち良い程度で無理をせず毎日刺激してみてください!

 

湧泉(ゆうせん)

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:YouTube(ペニスに効く増大ツボ)

 

男性ホルモンの分泌を促すペニス増大ツボ、4つ目は『湧泉(ゆうせん)』。

位置は、土踏まずの少し上、足の指を曲げたところにちょうどくぼみができる部分です。

 

湧泉を刺激することで副腎の機能を高めてホルモンバランスを改善してくれます。

湧泉は、腎経の出発点で、腎経の作用のうちの「精力減退」や「疲労回復」など、肉体的な消耗を回復する場合に用います。

※引用:腎臓に効く『5つのツボ』で利尿・むくみを改善しよう(中日新聞)

 

また、腎臓の働きも良くして体内の水分を調節する働きがあることから、血液の循環を改善する効果も期待できる重要なツボなんです。

刺激するときは「あぐら」をかくような姿勢で行うのがおすすめ。

 

「成長ホルモンを分泌するペニス増大ツボ」はどのようなものがある?

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

続いて、成長ホルモンの分泌を促す作用のあるペニス増大ツボをご紹介していきます。

結論から言うと、以下のツボがおすすめです。

 

  • 耳の内分泌
  • 足裏の下垂体

 

ホルモンバランスの乱れは、海綿体へ血の巡りを悪くしてしまうので注意が必要になります。

という事で、それぞれの位置や押し方、おすすめの理由を詳しくみていきましょう!

 

耳の内分泌

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

YouTube(耳つぼ「内分泌」効果&位置)

 

成長ホルモンの分泌を促す増大ツボ、1つ目は『耳の内分泌』です。

内分泌は成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を正常に整えてくれるだけでなく、新陳代謝をアップさせ、体温を正常に保つ保温機能をもたらしくれます。

 

内分泌のツボは耳の穴のくぼみにあり、ホルモンバランスを司るツボです。ダイエット効果として、太りにくく痩せやすい体質に改善する体質改善効果が期待できるツボとされています。また生理不順や不妊治療にも効果が期待できるツボです。

※引用:小林整骨院

 

位置は「耳のくぼみの一番下」にあります。

親指で耳の裏をおさえて人差し指でグッ、グッ、と内分泌を刺激していきましょう。

 

さらに、便秘や過食症の人にも有効なツボとして知られているので、暇があったら積極的に押していくといいです。

 

足裏の下垂体

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

※引用:脳下垂体の足ツボ(足ツボスクール)

 

成長ホルモンの分泌を促す増大ツボ、2つ目は『足裏の下垂体』です。

位置は、「足の親指の真ん中」で、手の人差し指を曲げて第2関節で外側で垂直にグッ、グッ、と押してください。

 

3秒押して、力を抜く、これを10回ほど行いましょう。

足裏の真ん中にあるツボは、脳にある脳下垂体に直接作用していきますので、しっかりと刺激することをおすすめいたします。

 

手の人差し指では押しにくいという方は、ボールペンなど丸い部分を使ってみるといいでしょう。

 

ペニス増大ツボを押すときのコツとは?プロの押し方を伝授!

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

ここからは、ペニスのサイズアップ効果をより引き出すための「増大ツボの効果的な押し方」をご紹介していきmす。

結論から言うと、以下のポイントを意識して刺激すること。

 

  • ツボに対して「垂直」に押す
  • 指の力ではなく「体重」を乗せる
  • ツボ押し器具を活用する

 

という事で、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

ツボに対して「垂直」に押す

 

本記事でご紹介したツボを押すときは、できる限り「垂直」に押すように意識することが大切です。

というのも、ツボに対して垂直に押すことでより効果的に力を加えることができるから。

 

実際に鍼灸治療やあん摩マッサージでは、経穴(ツボ)を刺激する際は「垂直に押すこと」を重要視しています。

手のひらは手根部(手関節よりの部位)で親指は指腹で垂直に押す。

※引用:ツボ刺激のやり方と注意(明治国際医療大学)

 

些細なポイントですが、押す角度が変わってしまうと深い部分まで伝わりにくくなってしまうんです。

毎日にツボを押してるのに全然変わらない!とならないように、垂直の角度を意識しましょう。

 

指の力ではなく「体重」を乗せる

 

ツボを刺激する際は指に力を加えるのではなく、体重を利用してください。

そうすることで、垂直の角度で押すのと同様に少ない力で効率的に刺激することができるんです。

 

ポイントは、手や指に力を入れるのではなく、体重をかけるとよい。すなわち、 体重を指にかけて押す。

※引用:ツボ刺激のやり方と注意(明治国際医療大学)

 

例えば、足裏を押すときは足裏の皮膚に対して「垂直」に指の腹を当てて、上半身を少し前に倒すようにして体重を乗っけていきます。

逆に指の力だけで押そうとすると、より強く力を加える必要があり、指を痛めてしまうので注意しましょう。

 

ツボ押し器具を使うのもオススメ!

 

ツボ押しを行うときは「垂直の角度」と「体重」を上手に利用することがコツですが、慣れないうちは難しいという人もいると思います。

そういう方にオススメなのは、『ツボ押し棒』などの道具です。

 

人の体というのは曲線がほとんどですが、道具を使うことで部位に合わせて「垂直の角度」で押しやすくなるのでとてもおすすめ。

ツボ押しを習慣化させるためには、手軽さも大切ですよね。

 

価格も高いものを選ぶ必要はなく安価なモノでも十分なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペニス増大ツボを押す際に気を付けるべきコトは?

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

ここからは、ペニス増大に効くツボを押す際の注意点をご紹介していきます。

結論から言うと、以下のポイントに気をつけてください。

 

  • 必ずしも痛いから効いているというわけではない
  • 継続的にツボ押しをしないとなかなか効果を実感できない
  • 体調が悪い時はツボ押しはしない方が良い

 

ということで、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

痛ければ痛いほど効いているというわけではない

 

ツボ押しをする時、必ずしも痛いから効いているというわけではないので注意しましょう。

なんとなく、痛い方が効いているような気がしますが、それは勘違いです。

 

むしろ、「痛みを我慢しない程度の力」で押すことがとても大事なのですね。

押し方のコツとしては、指の腹でぐりぐりと押しながら小さな円を描くように、一箇所あたり3分〜5分くらいじっくり押すこと。

 

ツボは温めることで血流やリンパの流れも改善されますから、お風呂などでリラックスしながら刺激してみてください。

 

体調が悪い時や飲酒時はツボ押しは控える

 

体調が悪い時には、ツボ押しはしないほうが良いので注意が必要です。

なぜなら、炎症がある状態や感染症に罹っているような時、怪我をした直後などはその症状を悪化させかねないから。

 

また、お酒を飲んだ時も血行が良くなっているので気をつけてください。

そこにツボ押しによる刺激を加えると、人によっては血流が良くなりすぎてしまい、充血などで頭痛を引き起こしてしまう可能性があるんです。

 

人体について詳しいプロの人が行うならまだしも、体調が悪いのに素人の判断でツボ押しをするのは控えることをおすすめいたします。

ツボ押しを上手に利用するなら、健康状態のコンディションにも気をつけてください!

 

ツボ押しは3か月は継続して取り組む

 

ペニス増大効果の期待できるツボ押しですが、即効性があると勘違いしてはいけません。

継続的にツボ押しをしないと、なかなか効果は実感できないものなのです。

 

身体を内側から改善していくわけなので、すぐに大きな変化が起こるというより、じっくりと変化を実感していくことが大切になります。

これは何もツボ押しに限らず、サプリや筋トレなどにも同じことが言えますよね。

 

そのため効果がないからとすぐに辞めてしまわずに、まずは最低でも3ヶ月は継続していきましょう!

 

ペニス増大ツボと一緒で取り組むと「おすすめの習慣」とは?

 

そして、増大ツボの刺激と合わせて『生活習慣の見直し』も非常に重要です。

実際に「病いは気から」と言われているように、ツボを利用する東洋医学には「気」という概念があります。

 

そもそもツボを刺激することは、気の巡りを整える効果があり、内臓の働きを正常に保つともされています。

血管を含めて、内臓機能を正常に整えることで、より健康的に下半身の巡りやホルモン分泌をよくしてくれるということです。

 

また、内臓の健康状態は「食事」や「睡眠」の質にも影響されます。

そのため生活習慣からきちんと内臓機能を改善していけると、ツボ押しとの相乗効果によって、ペニス増大効果がより期待できるでしょう。

 

さらに言うと、『ペニス増大サプリ』を上手に活用するという方法もおすすめ。

サプリメントと言うと躊躇する人も多いと思いますが、国内で作られているサプリなら健康成分として認められた物質が配合されているので安心して使用できます。

 

血流を改善して、勃起を誘発する成分を効率よく摂取できるので、実際に多くの男性がサプリを併用しています。

ぜひ、増大サプリも使って体の外側と内側の両方からペニスへのアプローチしてみてください!

 

まとめ

ペニスの増大ツボとは?刺激するだけ大きくなるツボの押し方を紹介!

 

人体には、ペニスを大きくすることができる『増大ツボ』という存在があります。

そのツボを刺激することによって、血流改善・男性ホルモンの分泌促進・成長ホルモンの分泌促進などの効果があるため、ペニスを大きくすることができるんです。

 

実際におすすめの増大ツボは以下になります。

  • 血海(けっかい)
  • 太衝(たいこう)
  • 次髎(じりょう)
  • 商陽(しょうよう)
  • 合谷(ごうこく)
  • 大赫(だいかく)
  • 横骨(おうこつ)
  • 三陰交(さんいんこう)
  • 湧泉(ゆうせん)
  • 耳の内分泌(ないぶんぴつ)
  • 足裏の下垂体(かすいたい)

 

もちろん、これらのツボを刺激することで、ペニスの長さ10cmの人が20cmになるということはありません。

あくまでも、ペニスへの血流量を増やすことで自分自身のポテンシャルを最大まで引き出したサイズにできると言うことです。

 

ぜひ、ツボ押しを上手に活用していただき、「男の自信」を取り戻していきましょう!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次