マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

「『マカ』の摂取量の目安ってどのくらいなんだろう?ペニス増大に効く飲み方が知りたい!」

 

男性のシモに効くハーブとして代表的な生薬である「マカ」。

さらには「天然のバイアグラ」とも呼ばれるマカですが、積極的に摂取したいという男性も多いのではないでしょうか。

 

  • マカってそもそもどんな成分なのか?
  • マカを摂取するとどんな効果があるのか?
  • ペニス増大に効くマカの1日摂取量の目安はどのくらい?

 

などなど、マカについて気になることがたくさんありますよね。

そういうわけで今回の記事は、マカの1日摂取量の目安はどのくらいなのか?という疑問に回答していきます。

 

さらに、マカを摂取するおすすめのタイミングなどもご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

マカとはそもそもどんな成分?ペニスに効く1日の摂取量の目安を解説!

マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

標高4000mのペルーのアンデス山脈の山地にある植物

 

マカは、アブラナ科の植物で大根やカブと同じ種類で、形は「チューリップの球根」に似ています。

標高4000mのアンデス山脈のような厳しい環境でも、岩肌などに張り付き、細い隙間を見つけて根を張ることで耐え抜く力を持っているんです。

 

さらに冒頭でもお伝えしたように、マカは「天然のバイアグラ」と呼ばれています。

というのも、滋養強壮食としてはお墨付きで、種子の形成に関わる成分をたくさん含んでいるからです。

 

他にも、精液量や精子の数、さらには精子の運動性能を向上させる成分も含んでいます。

そんなマカは、古くから貴族や王族などに珍重されており、性欲向上に直結する効能があるとして今でも生薬として用いられることが多いです。

 

アルギニンや亜鉛など栄養素が豊富に含まれる

 

マカに含まれる代表的な成分として、疲労回復や精力増進には欠かせない「アルギニン」が圧倒的に多く含まれているのが特徴的です。

アルギニンはアミノ酸の一種で体内で自然と作られる物質ですが、その数は決して多くはありません。

 

さらに、年齢を重ねるごとに生成量が減って40代になると10代の半分ほどまで減少してしまいます。

そのため、歳をとるほど性欲が減退していく人がほとんどなんです。

 

だからこそ、マカで補うことができれば性欲減退を抑えることもできるということです。

さらに、マカには「亜鉛」も豊富に含まれています。

 

実際に亜鉛は、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係していることがわかっています。

逆に亜鉛不足に陥ると性機能の低下に繋がってしまうため、マカは積極的にしていきたいところですよね。

 

マカの1日摂取量の目安は「2〜10g」程

 

効果の大きいマカですが、1日の摂取量の目安は「2〜10g」程度。

マカの摂取量については公的機関で定められておらず、医療機関などで調査が進んでいるわけではないため、一般的な範囲での摂取を推奨されています。

 

マカに含まれる成分は、胃など消化器系には負担が大きく、摂取し過ぎるとお腹を下す可能性があります。

実際、日常的に摂取している人の中に「効き目はスゴいんだけど下痢して困った!」という方も多いようですね。

 

以上のことから、マカは男性のシモに効くハーブとして強力な味方になってくれますが、過剰摂取にならないように十分に注意しましょう!

 

マカは適切な摂取量が大切!ペニス以外の効果効能とは?

マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

 

ここからは、マカに含まれる「アルギニン」の効果についてご紹介していきます。

結論から言うと、マカを摂取すると以下のような効果が期待できるんです。

 

  1. 勃起力の向上
  2. 疲労回復
  3. ホルモンバランスの調整

 

という事で、それぞれの効果とマカの関係を詳しくみていきましょう!

 

マカの摂取で得られる効果①:勃起力アップ

 

マカに含まれるアルギニンは、体内で「一酸化窒素(NO)」という物質に変化します。

この一酸化窒素には『血管を広げる作用』があるため、血流の改善効果などをもたらしてくれるわけです。

 

その結果、ペニスにある海綿体へ流れる血流量もドンドン増えるので、ペニスが膨張して『勃起状態』になるという仕組み。

ちなみに加齢とともに勃起しにくくなる原因の1つに、ペニスへの血の巡りが悪くなることが考えられます。

 

だからこそ、マカを摂取してペニスに流れる血流量を増やすことができれば、歳を取ってもバキバキに固くなるペニスを維持できるでしょう!

 

マカの摂取で得られる効果②:疲労回復

 

マカに含まれるアルギニンには、生きるために必要なエネルギーを生成する「TCAサイクル(クエン酸回路)」の動きを活性化させる機能があります。

細胞の活力を引き出してくれるので、疲労回復のタイミングを早めてくれます。

 

実際に「元気がない時にマカが有効」という話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは、マカに含まれているアルギニンにTCAサイクルを改善させる機能があるからだったということですね。

 

マカの摂取で得られる効果③:ホルモンバランスの調整

 

マカに含まれる「アルギニン」によって、成長ホルモンの分泌がバランスよくコントロールされます。

成長ホルモンの働きは、単に体を大きくすることだけでなく、皮膚や筋肉・血管などをつくる細胞の新陳代謝をうながす効果があるんです。

 

さらに免疫力アップにも役立つと言われており、成長期には欠かせない物質であることは間違いありません。

ですが、そんなアルギニンは加齢と共に生成量が減少してしまいます。

 

老化による勃起力の減少もアルギニンの低下が関わっているというコトです。

成長ホルモンはペニスの大きさにも影響するので、ぜひ年齢を重ねてからも積極的に摂取していくのがおすすめ!

 

マカの摂取でペニスを増大させる秘訣をご紹介!

マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

 

ここからは、マカを効果的に摂取できるおすすめの方法をご紹介していきます。

結論から言うと、以下のポイントを意識してみてください。

 

  1. 朝食後か寝る前に摂取するのがベストタイミング
  2. 「常温の水」か「ぬるま湯」で摂取するのがおすすめ
  3. すぐにやめずに継続的に飲み続けることが大切

 

という事で、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

朝食後か寝る前に摂取するのがベストタイミング

 

マカはブロッコリーと同じアブラナ科の植物ですが、栄養価はそのブロッコリーの数十倍と言われています。

そんなマカを摂取するタイミングは、空腹時は避けて「朝食後」か「寝る前」に飲むのをおすすめです。

 

とくに朝食後は吸収力が上がっているので、栄養が吸収されやすいとされています。

とはいえ、マカを積極的に摂取するようにしてから、実際に効果が実感できるまでに「3日から1週間程度かかる」とも言われています。

 

多くの栄養が体中に行き渡って効果がでるまでには、それなりに時間がかかるということなのでしょう。

 

マカは「常温の水」か「ぬるま湯」で摂取するのがおすすめ

 

マカの効果的な摂取方法2つ目は、常温の水かぬるま湯と一緒に飲むのがおすすめ。

というのも、栄養素を飲料水と合わせて飲む際に、相性が悪い組み合わせというのが存在するからです。

 

例えば、鉄分を含む栄養素とお茶を一緒に飲むと、カテキンによって鉄分の吸収が妨げられてしまいます。

他にも、眠りを誘うようなサプリメントを、コーヒーと一緒に飲んでしまうとカフェインによって効果が半減してしまう恐れもあります。

 

このように、マカの効果を最大限発揮させるためには「常温の水」か「ぬるま湯」で飲むようにしましょう!

 

すぐにやめずに継続的に飲み続けることが大切

 

マカの効果的な摂取方法3つ目は、継続的に飲み続けること。

マカに限らず栄養サプリメントなどは医療用医薬品ではなく、健康食品に含まれるため継続的な摂取が欠かせません。

 

飲めばすぐにペニスが増大するという魔法のような話ではありません。

精子の数や量を増やしたり、血流を良くする「体質改善」には一定の時間がかかるものです。

 

実際に、全身の細胞が入れ替わるターンオーバーにかかる期間は「およそ3ヶ月」とも言われているので、それくらいを目安に摂取するのがおすすめ。

マカは緩やかに効果を発揮していくため、長期的に飲み続けるという前提で取り入れるようにしましょう!

 

まとめ

マカの摂取量の目安!ペニス増大に必要な量と大きくする飲み方とは?

 

マカは男性のシモに効くハーブとして有名ですが、積極的に摂取したいという人も多いと思います。

マカの1日の摂取量の目安は、公的機関で定められているわけではなく、一般的に「2〜10g」です。

 

精力増強はもちろん、ペニス増大にも効果がありますが、過剰摂取にならないように気を付けてください。

実際に「摂りすぎでお腹を下した」という人もいるくらいなので、適切な摂取量でおさめることが大切。

 

用途用法を守って継続的に摂取していただき、マカの最強の効果をぜひ実感してみてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次