海綿体を増やすとペニスが増大する?海綿体を増やす方法をご紹介!

海綿体を増やすとペニスが増大する?海綿体を増やす方法をご紹介!

「海綿体を増やすとペニスが大きくなるって本当?海綿体を増やす方法についても詳しく知りたい!」

 

ペニスを大きくするためには『海綿体を増やすことが大事』という話を聞いたことがある人も多いと思います。

けれど、どうやったら海綿体を増やせるのか気になるのではないでしょうか。

 

  • 海綿体を増やすとペニスが大きくなるって本当なのか?
  • 海綿体を増やすには何をしたらいいのか?
  • 海綿体が増えるための食事法が知りたい!

 

などなど、自分のペニスを大きくするために海綿体についての理解を深めたいですよね。

そういうわけで今回の記事では、「海綿体を増やす方法」について詳しくご紹介していきます。

 

さらに、海綿体を増やすとペニスが大きくなる理由もお伝えしていきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

海綿体を増やすと得られる効果とは?ペニスが増大するって本当?

海綿体を増やすとペニスが増大する?海綿体を増やす方法をご紹介!

 

早速、海綿体を増やすことで得られる効果をご紹介していきます。

結論から言ってしまいますが、海綿体を増やすことができれば、以下のような効果が期待できるでしょう。

 

  • 勃起時のペニスサイズが増大
  • 勃起状態を持続できる時間が長くなる
  • 勃起時のペニスがより硬くなる
  • 血流が促進されペニスが若返る

 

このように、男性の根源的な自信を高めることができると言っても過言ではありません。

ちなみに、この海綿体は女性の陰核にも存在しています。

 

そもそも海綿体とは、解剖学的にいうと『スポンジ状の勃起性組織』であり、勃起すると海綿体全体が血液でいっぱいになって膨れ上がります。

ペニスが性的な刺激を受けると、大脳の「性中枢」が興奮をして、脊髄を通って勃起神経に伝わります。

 

その結果、海綿体に流れ込む血液量が増えることで、ペニスが固くなる勃起状態になるということ。

一連の流れをカンタンに表すと、以下のようになります。

 

性的な興奮 → 大脳の「性中枢」が活性 → 脊髄 →(勃起神経)→ 海綿体の血管が広がる → 血流量の増加 → 勃起

 

つまり、海綿体に流れる血液の量によってペニスの大きさが決まるということです。

という事で、海綿体を増やすことで得られる効果を詳しくみてきましょう!

 

海綿体を増やす効果①:勃起時のペニスのサイズが増大

 

海綿体を増やす効果1つ目は、勃起時のペニスのサイズが大きくなるということ。

そもそも海綿体には「静脈洞」という組織が密集していて、スポンジ状の構造になっています。

 

性的な刺激を受けることでたくさんの血液が流れ込んできて、ペニスが長くなったり太くなったり、硬くなったりするわけです。

いわば、海綿体は細い血管の集まりとも言えます。

 

また、海綿体が増えると言っても10cm→20cmになるということはなく、自身のポテンシャルを最大限に引き出したサイズまで大きくできるということです。

 

海綿体が「筋肉(筋繊維)」や「脂肪」で出来ているという噂はよくある間違いになります!

 

海綿体を増やす効果②:勃起状態を持続できる時間が長くなる

 

海綿体を増やす効果2つ目は、勃起の持続時間が長くなるということです。

繰り返しになりますが、海綿体に血液が流れ込むとペニスは勃起状態になり、血液の溜まり具合でペニスの硬さや柔らかさが決まります。

 

海綿体が増えると血液を溜め込む量も多くなるのため、必然的に勃起の持続力にも繋がっていきます。

持続時間が長くなれば、女性とのセックスもより楽しめるようになるでしょう!

 

海綿体を増やす効果③:勃起時のペニスがより硬くなる

 

性的に興奮すると、脳からの信号によって海綿体へ流れ込む血液量がドンドン増えていきます。

その結果、ペニスは大きくなって硬くなっていくのはすでにご紹介した通り。

 

女性とセックスをする時に「中折れ」に悩まされる男性は多いですが、海綿体が増えることで中折れ防止にも繋がっていくんです。

というのも、「中折れ」は海綿体への血液の量の減少が大きな原因となっています。

 

海綿体が増えることは、勃起力のアップだけでなく持続力にも直結していくということですね!

 

海綿体を増やす効果④:血流が促進されペニスが若返る

 

海綿体は、ペニスを若く保つのにとても重要な組織と言われています。

と言うのも、オナニーやセックスで定期的に海綿体に血液を流し込んでおかないと海綿体が固くなってしまうからです。

 

その結果、海綿体組織の柔軟性が失われてしまいます。

筋肉と同じように海綿体も「線維化」して、細くなってしまうため、血流が良くしておくことでペニスは若さを保つことができるということです。

 

恐ろしいことに、海綿体が一度でも線維化してしまうと、なかなか元には戻らないので注意してください!

 

海綿体を増やす方法とは?ペニスを増大する方法3選をご紹介!

海綿体を増やすとペニスが増大する?海綿体を増やす方法をご紹介!

 

海綿体を増やすには、海綿体に多くの血液を送り込まないといけません。

放っておくと、ED(勃起不全)になったり、短小ペニスになったりしてしまう可能性もあります。

 

だからこそ、以下の方法で積極的に海綿体に血液を送り、ガチガチのペニスを手に入れてください。

  • ペニスの増大トレーニングを継続的に行う
  • アルギニンとシトルリンを摂取する
  • 食事に気をつけて血流を良くする

 

ということで、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

海綿体を増やす方法①:ペニスの増大トレーニングを継続的に行う

 

海綿体を増やすためにおすすめの方法が「チントレ」です。

チントレとは、ペニスに刺激を与えることで海綿体への血流を良くして海綿体を大きくさせるトレーニングのことです。

 

チントレには以下のように数種類あり、勃起力がアップしたり、ペニスの増大が期待できますよ。

  • ミルキング
  • ジェルキング
  • PC筋トレーニング
  • ポンプ器具での引っ張り

 

ミルキング

 

ミルキングとは、チントレの中で一番人気のあるトレーニングです。

実際に看護の中でも取り入れられている方法と言われています。

 

やり方は、人差し指と親指でOKサインを作ってペニスを握り、血液を「根元から先端に向けて」流し込むイメージで押していきます。

ミルキングによって、ペニスの血流が良くなり、亀頭も大きくなってペニス全体も太くなっていきます。

 

ジェルキング

 

ジェルキングは、ミルキングと似たような手法です。

ミルキングを行う際に何も塗っていない手だと、過擦でペニスを痛めてしまう可能性があります。

 

そこで、ジェルやローションを塗ってペニスの付け根から亀頭に向かって、指をゆっくりとシゴいていくように行う方法です。

こちらも海綿体に送られる血液が増やせるので、勃起力を高めるのにオススメいたします。

 

PC筋トレーニング

 

PC筋トレーニングは、肛門を締めたりゆるめたりするトレーニングのことです。

肛門を締めるとペニスが動きますが、この肛門の筋肉の動きと連動しているのが、PC筋と呼ばれる筋肉ですね。

 

ペニスを握る必要が無いので、仕事中や電車の中でも鍛えることができるので、ぜひ取り入れてみてください!

 

ポンプ器具での引っ張り

 

ポンプ器具を使って、お腹に埋もれているペニスを引っ張り出す方法もあります。

器具を使うことによって、楽に引っ張ることができるようになります。

 

これらのチントレをすることで、海綿体への血流を良くしてペニスの増大にも繋がっていきます。

 

さらにチントレの詳しいやり方について知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください!

チントレの効果と具体的なやり方とは?ペニスを大きくする方法をご紹介!

 

海綿体を増やす方法②:サプリで「アルギニン」と「シトルリン」を摂取する

 

ペニスの増大で欠かせない成分が、「アルギニン」と「シトルリン」という物質です。

というのも、アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンを増やして、血管拡張も促す重要な効果があります。

 

その結果、ペニスへの血流量が増やすことができるんです。

さらにシトルリンにも「血流の改善効果」や「勃起を促す効果」があり、アルギニンと一緒に摂取することでさらに相乗効果が期待できます。

 

これらの成分は食事から摂取することも可能ですが、食品100gあたり含まれる成分量は決して多くありません。

普段の食事からペニスに効くだけの量を摂取するのは困難なので、サプリメントを上手に活用することをオススメいたします!

 

海綿体を増やす方法③:食事に気をつけて血流を良くする

 

生活習慣病が原因で、ED(勃起不全)に繋がるケースもあるため日頃の食事にも注意が必要です。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって、血管障害が起こり、EDの原因になることもあります。

 

また、精子を作るためには「亜鉛」の摂取が欠かせないことも研究で分かっています。

そんな亜鉛ですが、近年のコンビニ食などに使われている保存料によって、吸収しにくい食生活になっている人も増えているんです。

 

こういった背景からも、生活習慣病を引き起こさないような食事に気をつけて、勃起しやすいペニスの状態を作っておきましょう!

海綿体を増やす食事とは?普段の食事で海綿体を増やせる食材をご紹介!

海綿体を増やすとペニスが増大する?海綿体を増やす方法をご紹介!

 

普段の食生活を見直すことで、海綿体を増やすことができるようになります。

結論から言うと、以下の食品を取り入れるのがオススメ。

 

  • 青魚
  • 昆布、わかめ
  • 豆類
  • 牡蠣

 

すべてお近くのスーパーなどで手に入る食材ですので、ぜひ積極的に食べてみてください。

という事で、それぞれの食材から得られる効果もご紹介していきます!

 

海綿体を増やす食事①:青魚は血流をスムーズにしてくれる

 

ニシンやアジやサバなどの青魚には、不飽和脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸には、体内の中性脂肪を減少させる効果があり、血流を良くすることが知られています。

 

血流が良くなると、海綿体に多くの血液を送り込むことができるようになり、ペニスの勃起力がグングン増していきますよ。

普段から魚を食べることが多い日本人のペニスが「白人よりもカチカチに硬い」というのは有名な話ですよね。

 

海綿体を増やす食事②:昆布やわかめは新陳代謝をアップさせる

 

昆布やわかめの「ぬめり」には、アルギン酸が多く含まれています。

アルギン酸は食物繊維の一種で、コレステロールを体外へ排出する働きを持っている重要な栄養素です。

 

さらに、海藻類には「身体の新陳代謝をアップして血流を良くする効果」があるので、ペニスへの血の巡りを良くしてくれるでしょう。

肌の健康にも良い食品なので、毎日の食事に少しずつ取り入れてみるのをオススメいたします!

 

海綿体を増やす食事③:豆類はアルギニンが豊富に含まれている

 

ナッツなどの豆類には、ビタミンやタンパク質、食物繊維がたっぷりと含まれています。

肉料理や揚げ物などの脂質の多い食事をしている現代人は、慢性的にカルシウムや食物繊維が不足しがちです。

 

また、大豆には100gあたり2.7gの「アルギニン」が含まれています。

アルギニンは体内で一酸化窒素という物質に変化して、血管を広げる作用があるため、海綿体に流れる血液が増えるということです。

 

偏った食生活で生活習慣病にならないように、適度に豆類も食べていきましょう!

 

海綿体を増やす食事④:牡蠣には男性に大切な栄養が盛りだくさん

 

「海のミルク」と呼ばれている牡蠣には、勃起力に繋がるたくさんの栄養素が含まれています。

肝臓の働きを活発にして血圧を正常に保つ機能がある「タウリン」や抜け毛にも効果があると言われている亜鉛が多く含まれてるんです。

 

その結果、勃起力に直結する効果が期待できるということですね。

食べ過ぎでお腹を下さないように注意していただき、味わいながら海綿体を増やしていきましょう!

 

まとめ

 

海綿体を増やすことができれば、ペニスの増大効果が期待できます。

というのも、海綿体は性的な刺激を受けると、たくさんの血液が流れ込んで膨張するため、ペニスの長さ・太さ・硬さに関係する大切な組織だからです。

他にも、以下のようなメリットが期待できると言われています。

  • 勃起状態を持続できる時間が長くなる
  • 勃起時のペニスがより硬くなる
  • 血流が促進されペニスが若返る

 

海綿体を増やしてガチガチのペニスに増大させるには、いくつかの方法があります。

  • ペニスの増大トレーニングを継続的に行う
  • アルギニンとシトルリンを摂取する
  • 食事に気をつけて血流を良くする

また、普段の食生活を見直すことも大切な行動になります。

具体的には、以下のような食品を取り入れることで海綿体を増やすことに繋がるため、ぜひ参考にしてください。

 

  • 青魚
  • 昆布、わかめ
  • 豆類
  • 牡蠣

このように、あらゆる方法で海綿体を増やすことができるので、本気で大きなペニスを手に入れたいなら、ぜひ今回の内容を取り入れてみましょう!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次