コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

「コックリングって本当に効果があるんだろうか?危険性や正しい使い方について詳しく知りたい!」

 

手軽にペニスの機能を強化できるアイテムとして代表的な『コックリング』。

コックリングはサイズや使い方が様々で、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

  • コックリングで本当にペニスは大きくなるのか?
  • コックリングのどうやって使えばいいのか?
  • コックリングはどうやって選べばいいのか?

 

など、コックリングについて気になることがたくさんあるはず。

そういうわけで今回の記事は、コックリングの気になる疑問について詳しく回答していきます。

 

さらに、コックリングの正しい使い方や注意点などもお伝えしていきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

コックリング(通称ペニスリング)とは?射精の気持ち良さがアップする?

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

 

まずは、コックリングとはどんな器具なのか簡単にご紹介していきます。

そもそもコックリングは、その名の通り「男性のペニスに装着するリング状の補助器具」となります。

 

素材にはシリコンやゴム、革製のものまで様々です。

コックリングの歴史は意外にも古く、今から約800年前、中国では山羊のまつ毛でコックリングが作られていたとも言われているくらい。

 

そしてコックリングは、装着する部分でその効果が変わってくるという優れものでもあります。

例えば、最もオーソドックスな付け方が、コックリングを陰茎の根元に装着する方法です。

 

この場合は、『勃起力の向上』や『挿入中の中折れ防止』などの効果が期待ができます。

また、コックリングを陰茎と陰嚢を巻き込むよにうに装着することで、射精時の気持ちよさがアップしますよ。


この場合、陰嚢部分に装着するので、『睾丸カフ』という名称で呼ばれることもあります。

射精時間が長くなるので、より射精時の快感が長続きする効果も期待できということです。

 

ただし、陰嚢部分への装着は負荷が掛かりやすい装着方法なので、強い痛みを感じる場合は注意してください。

 

詳しくは後述しますが、ペニスの部位で期待できる効果も様々なので、『悩みに応じた使い分けができる』のが画期的なポイントと言えるでしょう!

 

コックリングでペニスは大きくなる?使用して得られる効果をご紹介!

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

 

ここからは、コックリングの効果についてご紹介していきます。

結論から言うと、コックリングを活用することで以下のような効果が期待できるんです。

 

  • 勃起の持続時間が長くなる
  • 亀頭と陰茎のサイズアップに効果がある
  • 早漏の改善もサポートする
  • 包茎の改善効果も得られる
  • 女性に対しての刺激が強くなる

 

このように、正しく使用することで男性の性機能にとって「心強い武器」となってくれるはず。

という事で、それぞれの効果を詳しくみていきましょう!

 

コックリングの効果①:勃起の持続時間が長くなる

 

コックリングを使用して得られる効果1つ目は、ペニスの勃起の持続時間が長くなることです。

というのも、コックリングを装着することで、ペニスの海綿体に流れ込んだ血液が戻るのを止める働きをしてくれるから。

 

その結果、たくさんの血液がペニスの中に溜まりやすくなって、勃起状態を長時間維持できるということです。

なので、性行為中によく中折れしてしまう人にとってもオススメ。

 

他にも加齢に伴って血行の流れが悪くなって「勃ちが悪い」という男性にも効果的と言えます!

 

コックリングの効果②:亀頭と陰茎のサイズアップに効果がある

 

コックリングを亀頭のカリの部分に装着することで、亀頭と陰茎のサイズアップにも効果があります。

これは、亀頭部分に流れ込んだ血液を、コックリングが塞き止めてくれ、普段よりもパンパンに膨らむからです。

 

亀頭が大きいと、女性器に挿入した際に膣内をしっかり刺激できて、ポルチオにも届きやすくなります。

ペニス増大と言っても、+5cmもサイズがデカくなるということはありません。

 

それでも、自分自身のポテンシャルを最大限まで引き出した大きさまで勃起できるということ!

 

コックリングの効果③:早漏の改善もサポートする

 

コックリングの効果3つ目は、射精までの持続力が向上するので、早漏の改善もサポートしてくれる点です。

コックリングを装着することで、ペニスは一時的に鬱血状態になります。

 

鬱血状態になると、陰茎自体の感覚が鈍くなる傾向があるので、射精(いわゆるオーガズム)までのに達する時間が長くなるのです。

その結果、早老改善の効果が期待できるということ。

 

すぐに絶頂を迎えてしまい女性を満足させられていない、早漏で恥ずかしい、そういったお悩みを抱えている男性にはとても有効な手段と言えます。

射精までのタイミングをコントロールしたい、と考えている方にとっても使用価値がある性具となります。

 

コックリングの効果④:包茎の改善効果も得られる

 

コックリングの効果4つ目は、「包茎の改善」ができること。

日本人男性の80%が包茎と言われる現在、コックリングはそんな包茎で悩む男性にも嬉しい効果を得られるのです。

 

カリにコックリングを装着することで、包茎が改善される可能性があります。

あくまでもコックリングを付けている間ですが、カリ高になるため仮性包茎くらいなら改善が期待できます。

 

勃起時に、包皮が向けた状態でしっかりと亀頭を露出させてください。

その状態でコックリングを装着すれば、性行為中に萎えてしまったとしてもストッパーの作用で包皮が元に戻るというトラブルを防ぐことができるのです。

 

実際に何度も着用していくと、コックリングによる包皮の剥け癖が着くこともあり「気付いたら包茎が治っていた!」という方もいます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

コックリングの効果⑤:女性に対しての刺激が強くなる

 

コックリングの装着で刺激や快感を高められるのは、何も男性に限ったことではないのです。

女性に対しての刺激も強めてあげることができます。

 

コックリングの種類には、「バイブレーション機能」が搭載されているものがあります。

それによってクリトリスや膣といった女性器周辺を刺激しながら、性的興奮を増大させてくれるということです。

 

パートナー同士で楽しめたら、それはとても幸せな時間になることでしょう。

より刺激を求めたり、いつもとは一味違ったセックスを楽しみたいというカップルには、最適な性具になることは間違いありませんよ!

 

コックリングの効果的な使い方を徹底解説!

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

 

ここからは、コックリングの効果的な使い方、装着方法などをお伝えしていきたいと思います。

結論から言えば、以下のポイントをしっかり押さえること。

 

  • 自分のペニスのサイズに合ったものを使用する
  • セックスの直前に使用すると効果的
  • 大きくしたい部位によって装着場所を変える

 

いくら便利な道具でも、その効果を最大限に引き出せなければ勿体ないですよね。

という事で、サイズ感、装着のタイミング、装着場所など、詳しくみていきましょう!

 

自分のペニスのサイズに合ったものを使用する

 

コックリングはサイズを選べるので、自分のペニスのサイズに合ったものを着用するようにしましょう。

基本的には、「S」「M」「L」など、服と同じような表記がされています。

 

日本人の平均サイズは「トイレペーパーの芯」で例えられることが多いので、もし迷ったらトイレペーパーの芯を使って簡単に調べることができます。

やり方は、ペニスをトイレペーパーの芯に挿入するだけです。

 

フィットするなら平均的なMサイズ、それより小さいならS、トイレペーパーの芯が入らなければLサイズ、など。

メジャーでしっかりと測る場合なら、ペニスの円周から±0.3cm程度のものを選ぶと間違いありません。

 

コックリングのサイズが合わないと、締め付けがキツくなり痛みを伴ったり、陰茎の損傷にも繋がり兼ねません。

また、逆に大きすぎると、全くコックリングの効果を得られないという可能性もあります。

 

勃起していない状態で着用すること

 

意外と間違える人が多いのですが、コックリングは勃起時に着用するものではありません。

コックリングはペニスを締め付ける道具なので、「勃起していない状態」で取り付けないと意味がないんです。

 

なので、前戯などで勃起してしまっている場合は、少し落ち着かせてから装着してください。

また、装着に慣れないと時間がかかってしまうため、本番前に慣れておくこともオススメいたします!

 

大きくしたい部位によって装着場所を変える

 

ペニスの大きくしたい部位によって、コックリングの装着場所を変えていきましょう。

例えば、亀頭を増大させたい場合は「カリの根本」に付けます。

 

ペニスを全体的に大きく見せたいなら、「ペニスの付け根」に装着するようにしてください。

大きさだけでなく、刺激を強くしたいならば、「陰嚢を巻き込んで」装着するといいでしょう。

 

このように、用途に合わせて調節できるのもコックリングの嬉しいポイントになります。

 

コックリングを使用する時の4つの注意点!

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

 

ここからは、コックリングを使用する際の注意点をご紹介していきます。

具体的には、以下のポイントに気をつけてください。

 

  • 過度な締め付けは性機能を悪くしてしまう
  • 継続して30分以上は使用しない
  • コックリング以外のもので代用してはいけない

 

コックリングを安全で効果的に使うために、正しく使うように心がけましょう。

 

過度な締め付けは性機能を悪くしてしまう

 

ペニスはデリケートな器官なので、過度な締め付けはNGです。

締めつけ過ぎてしまうと性機能をダメージを与えてしまい、返って逆効果にもなりかねません。

 

例えば、我慢してコックリングを付けていたら「持続勃起症」を引き起こして、4時間以上ペニスが大きくなったまま戻らないらというケースもあります。

そうなると、海綿体から心臓に血液が戻りにくくなってしまうでしょう。

 

最悪の場合はペニスの組織が壊死してしまい、永遠に勃起不全となるので注意が必要です。

 

継続して30分以上は使用しない

 

コックリングは、装着してから継続して30分以上は使用しないようにしてください。

コックリングによって陰茎の血流を強制的に止めてしまうことになるので、長時間の使用は禁止されています。

 

なぜなら、コックリングによる「鬱血」状態が続くと最悪の場合、ペニスが壊死してしまうからです。

そんな事態になりたくない人は、決して30分以上の継続使用をしないこと、これを守ってください。

 

また、痛みや不快感を陰茎に感じたり、いつもよりペニスが黒ずんで見える、ペニスが冷たくなるような感覚を覚えた場合もすぐに使用を中止しましょう。

すぐに取り外せるように、装着する時はローションを付けておくなど工夫するのも良いとされています。

 

あとは、コックリングを付けていることを忘れて眠ってしまったりしないようにしてください。

最善の注意を払って頂き、使用する時はできる限り「アルコール」や「睡眠剤」等の併用は控えることを強くオススメいたします。

 

コックリング以外のもので代用してはいけない

 

コックリング以外のものでペニスを圧迫したり、別のもので代用することは避けましょう。

コックリングを買うのは恥ずかしい、コックリングは高い、試しに他のものでも出来ちゃうんじゃないだろうか、そんな気持ちは捨ててください。

 

例えば、輪ゴムや紐など、コックリングの代わりになりそうなものもありますよね。

しかしながら、輪ゴムや紐などで代用すると、ペニスへの負荷が掛かり過ぎてしまったり、外せなくなって陰茎を損傷したりする恐れがあります。

 

そのためコックリングの代用は、危険性が高いので絶対にNGです。

 

まとめ

コックリングは本当に効果があるの?正しい使い方や注意点をご紹介!

 

今回はペニスに装着し、勃起力や射精の快感を上げるコックリングについて詳しく説明して参りました。

コックリングを上手に活用すると、以下のような効果ができるんです。

 

  • 勃起の持続時間が長くなる
  • 亀頭と陰茎のサイズアップに効果がある
  • 早漏の改善もサポートする
  • 包茎の改善効果も得られる
  • 女性に対しての刺激が強くなる

 

効果は絶大で、男性にとって手軽にペニスを強化できる反面、使い方を間違えるとペニスに甚大な損傷を与える可能性もあります。

正しい使い方を学び、素敵な性生活に活かせるようにしてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次