研究助成先・成果報告:助成活動|キヤノン財団

研究助成先・成果報告:助成活動|キヤノン財団

HOME > 研究助成先・成果報告

最近の研究助成関連イベント

研究助成先

第1回~第11回の研究助成先及び研究が終了した助成研究の研究成果等がご覧いただけます。

第11回(2020年)研究助成一覧

研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 非認知能力の育成環境の解明による人の社会的能力の向上 玉川大学
教授 大森 隆司
30,000 3年
2 超原子機能を利用した人工元素の創製 東京工業大学
助教 神戸 徹也
30,000 3年
3 侵害刺激受容体と農薬標的受容体から導く害虫防除の新戦略 生理学研究所
准教授 曾我部 隆彰
30,000 3年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)

研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 ナノワイヤ蛍光体による偏光白色LEDの開発 愛媛大学
准教授 石川 史太郎
20,000 3年
2 大量細胞集団を超網羅的に問診するロボットの実現 東京大学
准教授 太田 禎生
20,000 3年
3 膜タンパク質合成が拓く創薬新技術「ミラーイメージ創薬」 徳島大学
教授 大高 章
18,000 3年
4 がん組織の神経を操作してがんを抑制するがん神経医療の創出 岡山大学
教授 神谷 厚範
20,000 3年
5 空中映像産業の基盤技術としての建築調和型空中像光学系の構築 電気通信大学
助教 小泉 直也
10,000 3年
6 半導体発光冷却素子実現に向けたフォトンリサイクル現象の評価 東北大学
准教授 小島 一信
17,000 3年
7 ナノ構造・共振器導入による希土類添加半導体の高輝度・多機能化 大阪大学
准教授 舘林 潤
17,000 3年
8 転写開始点の光操作により実現する革新的タンパク質局在制御技術 京都大学
教授 松下 智直
20,000 3年
9 腸内リボ核酸を撲滅して骨折のない世界を実現する 生理学研究所
特別協力研究員
丸山 健太
20,000 3年
10 標的分子を吸着・放出する動的分子認識ゲルの創成 関西大学
教授 宮田 隆志
18,000 3年
11 光電場利用社会実現のための光ファンクションジェネレーター開発 徳島大学
特任准教授 吉井 一倫
20,000 3年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)

第1回~第11回までの研究助成

第1回~第11回までの研究助成がご覧いただけます。