研究助成先・成果報告:助成活動|キヤノン財団

研究助成先・成果報告:助成活動|キヤノン財団

HOME > 研究助成先・成果報告

最近の研究助成関連イベント

研究助成先

第1回~第12回の研究助成先及び研究が終了した助成研究の研究成果等がご覧いただけます。

第12回(2021年)研究助成一覧

研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 継精子エピゲノム情報の理解と次世代の健康への展開 東北大学
教授 大隅 典子
20,000 3年
2 遺伝子改変鶏を利用した新規ワクチン生産プラットフォーム 名古屋大学
教授 西島 謙一
25,000 3年
3 転写プログラムの理解と応用 金沢大学
准教授 宮成 悠介
20,000 3年
4 未来への財産である動物遺伝子資源を永久に保存する技術の開発 山梨大学
教授 若山 照彦
30,000 3年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)

研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 スマートデバイスを用いたアルファ波計測技術の開発とその応用 東京大学
教授 天野 薫
20,000 3年
2 セリン修飾を用いた腎臓への新規薬物送達技術に基づく腎疾患治療 京都薬科大学
准教授 勝見 英正
20,000 3年
3 ギ酸からの高圧水素製造技術と二酸化炭素回収と利用技術の開発 産業技術総合研究所
上級主任研究員
川波 肇
14,000 3年
4 冬眠様状態を誘導する神経機構の研究と応用への展開出 筑波大学
教授 櫻井 武
20,000 3年
5 テラヘルツレーダーを利用した新たなヒューマンインターフェース 東京工業大学
准教授 鈴木 左文
14,000 3年
6 宇宙産業革命を担う超小型衛星船団に不可欠なマイクロ推進機 横浜国立大学
准教授 鷹尾 祥典
14,000 3年
7 乳がん手術を改革する術中迅速Click-To-Sense診断 東京工業大学
教授 田中 克典
20,000 3年
8 “からだで聞く”超音波を利用したコミュニケーション機器の開発 千葉大学
教授 中川 誠司
20,000 3年
9 海底熱水鉱床における金の異常濃集機構の解明と金回収技術の開発 海洋研究開発機構
グループリーダー代理
野崎 達生
20,000 3年
10 抗体医薬の問題を解決し、これを代替する新しい医薬の開発 九州大学
準教授 森 健
20,000 3年
11 舌表面画像の深層学習解析による急性虫垂炎の新規診断法の開発 長崎医療センター
医師 森 英毅
19,600 3年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)

第1回~第12回までの研究助成

第1回~第12回までの研究助成がご覧いただけます。